2012.04.20 , 19:11

日本の海底で古代文明跡が発見

 海洋地質学者で琉球大学の教授であり、NPO海底遺跡研究会の代表を務める木村政昭教授は、日本沿岸部で海底の岩石を研究した結果、アジア版アトランティス大陸の跡を発見したことを明らかにした。木村氏によるとこれは3000年前に海底に沈んだ古代文明の遺跡。

 木村氏は発見された遺跡の位置について与那国島の沿岸部の海底と語る。海底に不思議な岩があることは1985年ダイビングを行っていた観光客によって明らかにされていた。木村氏はその後数十年にわたってこれが太平洋版アトランティス大陸ともいえるミュー大陸伝説の古代都市の跡だということを証明しようとしてきた。

 木村氏は、構造と位置から見ると古代ローマの都市に類似したものだったと考察している。この声明は研究者らの間に大きな波紋を呼んでおり、潮の満ち引きや火山活動などで自然とこうした形状ができたとする説も唱えられている。

  •  
    シェアする