2012 4月 28 , 10:54

露外相「シリア危機は、露中の立場の考慮なしに調整は不可能」

露外相「シリア危機は、露中の立場の考慮なしに調整は不可能」

   ロシアのラヴロフ外相は、TVロシア24のインタビューに応じた中で「もし国際社会が、この問題に関するロシアや中国の立場を無視するのであれば、シリアにおける危機を調整することなど不可能だ」と述べた。

  シリアでは1年以上にわたり、反政府抗議活動が止んでいない。毎日同国からは、一般市民が、また軍人、警察官などの中でも、死亡者が出たとの痛ましいニュースが届いている。

 ラヴロフ外相は「ここ最近、ロシア及び中国の立場を無視して、危機調整はできないとの理解が生じている」指摘した。

  •  
    シェアする
「ウクライナ革命」についてどう考えますか?