2012 4月 29 , 17:12

ナイジェリア 武装集団が大学を襲撃

ナイジェリア 武装集団が大学を襲撃

   ナイジェリア北部カノでは29日、武装集団が大学を襲撃し、少なくとも20人が死亡した。

   AFP通信が伝えたところによると、大学の講義室の1つでキリスト教の日曜礼拝が行われていた最中に、大学の建物近くで銃撃と爆発が起こった。

   犯人については明らかになっていないが、ナイジェリア全土でイスラム法の導入を要求しているイスラム過激組織「ボコ・ハラム」ではないかと見られている。

   ケニアの首都ナイロビでも29日、教会で礼拝が始まる前に何者かが手榴弾を爆発させ、1人が死亡、15人が負傷した。

   リア・ノーヴォスチ、AFP通信

  •  
    シェアする