2012 5月 3 , 10:41

バイカル湖に危険が迫る

バイカル湖に危険が迫る

   バイカル湖は世界で最も深い湖(1642メートル)で、地球上の淡水の5分の1が集中している。現在、バイカル湖畔での建設作業が規制されていないことから、危険が迫っているという。

   建築業者らは、沿バイカル国立公園のいくつかの区画で境界が明らかでないことをいいことに、建設を進めている。ロシア自然監督庁イルクーツク州のコンスタンチン・グルノヴィッチ局長がイタルタスに語ったところによれば、バイカル湖の生態系に影響を与えているという。

   グルノヴィッチ局長はまた、「バイカルはユネスコによって世界遺産に登録されているため、この問題をパリの本部で開かれた会議で取り上げることが必要だと判断した。」と語っている。

   イタルタス

 

  •  
    シェアする
「ウクライナ革命」についてどう考えますか?