2012.05. 6 , 11:24

フィリピンで手榴弾爆発 少女2人死亡 30人以上が負傷

フィリピンで手榴弾爆発 少女2人死亡 30人以上が負傷

   フィリピン南部で手榴弾が爆発し、2人の少女が死亡、少なくとも30人が負傷した。AP通信が6日、伝えた。

   爆発は、イリガンにある大型ショッピングセンターのバーの前で発生した。治安機関の職員は爆発現場で手榴弾のピンを発見した。

   警察の報道官によると、犯人はイスラム系勢力の可能性もあるが、現在のところ明らかではない。

   フィリピン南部では40年以上にわたり政府軍とイスラム系武装勢、また武装勢力間で紛争が続いており、15万人以上が死亡している。

   インターファクス

  •  
    シェアする