2012 5月 7 , 11:04

イエメン 最重要テロリスト10名のうち1人が殺害

イエメン 最重要テロリスト10名のうち1人が殺害

    FBI(米連邦捜査局)が挙げる最重要指名手配テロリスト10名のうちの1人である、モハメド・アフメド・アル=クソは、イエメン西部のシャブワ州で殺害された。イエメンのある部族の長が明らかにした。

   その部族長によれば、アル=クソが殺害されたのは6日夜のことで、米軍による襲撃によるものだという。アル=クソには米国民殺害などの容疑がかけられていた。2000年10月には、アデン港に停泊していた米軍艦コール号の爆破事件が発生し、米国市民17名が死亡していた。

   FBIはアル=クソ逮捕につながる情報に500万ドルの賞金をかけていた。

 

   リアノーボスチ

  •  
    シェアする