2012.05. 8 , 01:47

パレスチナ和解交渉 事実上 決裂

パレスチナ和解交渉 事実上 決裂

  ここ数日エジプトの首都カイロで、パレスチナ内部の主要な政治グループであるファタハとハマスの代表者による和解・停戦交渉が数回にわたり行われたが、事実上、話し合いは決裂した。7日エジプトの複数のマスコミが、ファタハのアッザム・アル-アフマド中央委員の声明を引用して報じた。

 アル-アフマド中央委員(写真上)によれば、交渉は事実上、袋小路に陥ってしまった。ファタハはすでに、イスラム運動体ハマスの指導部に対し「パレスチナ諸勢力内で合意を達成するためには、もはや交渉あるいは会合といったものは必要とされない。求められているのは、すでに取り決められた合意の明確な遵守だけである」と通告した。

  アル-アフマド中央委員は又「パレスチナ自治政府のマフムド・アッバース大統領は、近く、サリャム・ファイヤド氏を首班とする組閣を表明する」と伝えた。

  なお、ハマスは、ファイヤド氏を首相候補とする事に断固反対している。 .

  リア・ノーヴォスチ

  •  
    シェアする