2012.05. 9 , 10:37

プーチン大統領「ロシアのWTO加盟を延期する事はできない」

プーチン大統領「ロシアのWTO加盟を延期する事はできない」

  8日プーチン首相は、下院・国家会議で発言し「ロシアは、世界貿易機関(WTO)加盟を延期する事はできない」と述べた。

 プーチン大統領は「WTOへのロシアの加盟が1年あるいは2年延期されるならば、それは『我々が、WTOに加盟しない』ことを意味する」と述べ次のようにつづけた―

  「WTOの規約によれば、組織に加盟する国にとって割り当てられているのは、6か月だ。この間に我々は決定を下さなくてはならない。 我々は、17年間交渉をしてきた。延期もできるが、それはつまり、そもそもWTOに入らないという事だ。しかし、これは別の話になると断言できる。

  関税同盟やユーラシア経済共同体は、WTOの原則にのっとって、ロシアとパートナー国が一緒に作ったものだ。我々にとって優先されるべき第一の事は、ポスト・ソ連空間における統合である。」

  なお関税同盟には、ロシア、カザフスタン、ベラルーシの3国が入っている。

  •  
    シェアする