2012.10.28 , 13:08

韓国で再び原発事故

韓国で再び原発事故

   韓国南東部の蔚珍原発2号機でタービンにスチームを送り込む系統が故障し運転が自動停止した。28日地元マスコミが伝えた。

   自動制御装置によってタービンにスチームを送る弁が閉じられている。

   蔚珍原発は89年から運転。出力は95万キロワット。同原発には6つの原子炉があるが、現時点ではそのうち3基のみが運転しており、残りの3基では12年8月におきた自動停止後、点検が行なわれている。

   インターファックス通信

  •  
    シェアする