2012 12月 1 , 10:24

ロシア G20の議長国に

ロシア G20の議長国に

ロシアは1日、20カ国・地域(G20)会議の議長国となった。2013年9月5-6日には、サンクトペテルブルグでG20首脳会議が開かれる。モスクワではすでに12月中旬、最初の会合が開催される。

「G20」は、経済大国で構成されているグループ。G20加盟国は、世界のGDPの90パーセント、世界貿易の80パーセントを占めている。現在、ロシア、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、英国、ドイツ、インド、インドネシア、イタリア、カナダ、中国、メキシコ、サウジアラビア、米国、トルコ、フランス、南アフリカ、韓国、日本の19カ国と、欧州連合(EU)が加盟している。

  議長国は、首脳会議に向けた準備のほか、各会合の準備、また世界経済の発展分野における参加国の決定を調整することなどが課題となる。

  ロシアが議長国を務めるG20の公式サイトは、モスクワ時間で1日12時00から稼動を開始する。アドレスは、www.g20russia.ru

  ロシアはG20の議長国の任務をメキシコから引き継いだ。2014年は、オーストラリアが議長国を務める。すでに2014年の首脳会議は、オーストラリアのブリスベンで開かれることが決定している。

  リア・ノーヴォス

 

  •  
    シェアする
「ウクライナ革命」についてどう考えますか?