2013 4月 25 , 15:19

ロシア税関 日本の原発事故以降 965件の危険放射能汚染品を発見

ロシア税関 日本の原発事故以降 965件の危険放射能汚染品を発見

   ロシア極東税関は2011年3月の福島第一原子力発電所事故以降、日本から放射能に汚染された危険物品を965件発見した。連邦関税局が本日明らかにした。そのうち722件は輸入が禁止され、233件についてはロシア消費監督庁から定められた許可が出された後に通過したという。

   2012年、極東では日本発および日本を通過した446件の違法物品および移動手段が摘発されていた。

 

   タス通信

  •  
    シェアする
「ウクライナ革命」についてどう考えますか?