2013.11.17 , 12:11

世界の終わりまで97日

世界の終わりまで97日

   ヴァイキングの予言によれば、2014年2月22日に世界の終わりがやってくる。

   ヴァイキングたちの間でこの日は「ラグナレク」と呼ばれており、オーディン神が巨大な狼フェンリルに殺されてしまう。生き残るのは二人で、そこからまた新しい文明が生まれていくという。

   スカンジナヴィアの伝承に詳しい研究者らによれば、ラグナレクの日は今日から数えてたった97日だという。

   英国では「世界の終わり」が商業的によく使われている。ヨーク市はスカンジナヴィアと所縁が深いことから、毎日夜になると、ラグナレクの到来を警告する角笛が吹かれている。2014年2月15日から23日まで、ヨークでは全欧州ヴァイキング祭りが行われる。

   タス

  •  
    シェアする