ロシアの声

「ロシアの声」は、ロシア国営ラジオ局で、1929年10月29日から海外放送を開始しました。ロシア政府による予算で運営されており、国際社会に対して、ロシアの生活や世界情勢に対する見方などを紹介するほか、ロシア文化、ロシア語の普及を目的としています。

「ロシアの声」は、ロシアでもっとも伝統のあるラジオ放送局です。 「ロシアの声」は、すでに80年以上にわたって、国際社会に対し、ロシアの生活や見解を紹介しています。

「ロシアの声」は、世界160カ国、38言語で、毎日151時間にわたる放送を、短波、中波、FM、衛星放送、携帯ネットワークを通じて行っています。 「ロシアの声」は、インターネット上では33言語で情報を伝えています。

「ロシアの声」のサイトには、毎日140カ国からのリスナーが訪問しています。サイト上では、インターネット放送のほか、アーカイブなどを聞くことができます。

「ロシアの声」は、世界の5大国際ラジオ放送局のひとつであり、1億900万人のリスナーを持っています。そのうち25%は、最近5年間で私たちの放送を聴き始めた新しい世代のリスナーが占めています。

「ウクライナ革命」についてどう考えますか?